宝石を少しでも高く買取してもらう方法【プロの鑑定士をチェック】

メガネが資産になります

ゴールドバー

素材を確認してもらおう

自宅に思いがけず眠っている金があります。金は資産価値があり、大阪の買取業者へ依頼するとその比重から現金化することができます。金といえば指輪やネックレスといったものが思い浮かべますが、それ以外でも気が付かないうちに所有しているケースがあります。その一つにメガネフレームがあります。祖母が残していたメガネフレームは度数も異なり、嗜好も違うため処分しようかとお考えの場合には、一度大阪の金買取業者に持ち込んでみましょう。メガネはチタン素材のものが多く買取対象にならない場合が多いですが、中にはイエローゴールドやホワイトゴールド、女性に人気のピンクゴールドなどで作られているものもあり、大阪の買取業者では現金化することができます。鼻に付いたパットや耳あての部分を取り外し、比重を測ってくれます。メガネには小さなネジがたくさんついていますが、ネジも金で作られているものも多くあります。また、メガネのサイドに付いているデザインにだけ金を使用しているものもあります。金かどうかを調べるためには耳に掛けるテンプル部分の裏側や正面鼻元の裏側に素材が明記してある場合があります。まずは大阪の買取業者に相談してみましょう。中には芯材はチタンでその表面にだけ金が巻きつけてあるものや、違う材質と共に練り込んであるものもあるため買取が難しいものも多数あります。メガネに限らず、カフスボタンやネクタイピンなど日頃使用していて、よい素材であることを忘れている場合もあるため、注意して確認してみるとよいでしょう。